ちょっとした商品情報などを。
 
<< 映画「十三人の刺客」出演 役所広司さんインタビュー | main | チャン・グンソク JAPAN TOUR に5組10名様ご招待! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2014.10.29 Wednesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | - | - |
『告白』第83回米国アカデミー賞 最優秀外国語映画賞部門 日本代表作品に決定!!
『告白』第83回米国アカデミー賞 最優秀外国語映画賞部門 日本代表作品に決定!!
中島哲也監督作品『告白』(配給:東宝)が、第83回米国アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門への出品作品決定!
今後は、2011年1月25日にアカデミー賞ノミネート作品が発表され、2011年2月27日に最優秀賞が発表される予定。
映画「告白」は2010年6月5日(土)より全国東宝系にて公開され、9月7日(火)現在で入場人員292万8000人、興行収入37億8700万円を記録。現在も全国35スクリーンにて上映中(9月11日以降は全国24スクリーンにて上映予定)。
原作は2008年に発売され、286.5万部発行されている。
09年、本屋大賞に輝き、上半期単行本フィクション部門第1位(日販調べ)を記録したベストセラー、「告白」(湊かなえ/双葉社)。
「生徒に娘を殺された」という女教師の告白から始まり、殺人事件にか関わった登場人物たちの独自の形式で構成される物語は、虚実混じり、驚愕・旋律・唖然の連続。ショッキングすぎる内容で話題騒然の衝撃作が、なんとこの度…!まさかの映画化!
監督を努めるのは、独創的な映像感覚と確かな演出力で、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」などの大傑作を生み出してきた、天才・中島哲也。
主人公・森口悠子を演じるのは、「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」であらゆる映画賞を総なめにし、いま最も注目される女優・松たか子。中島監督から「この役は松たか子しか考えられない」と熱烈なラブコールをうけて、生徒に娘を殺される女教師という困難な役柄に挑んだ。
また、熱血すぎてかなりウザい新人教師役に岡田将生、殺人犯の過保護すぎる母親役に木村佳乃、そして全国1000人以上のオーディションで選ばれた1年B組の生徒たち=37人の13歳たちが出演する。今年6月、誰も見たことのない極限のエンターテインメントが誕生する。

映画「告白特集」

「言い掛かりをつける」という言葉があります。
人を責め困らせる為に言う、事実無根の口実。
でまかせですね。。こんなん言われたら、、、
切れちゃうよ!!

【2010.09.16 Thursday 12:42】 author : udmj1rfa0
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
【2014.10.29 Wednesday 12:42】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://udmj1rfa0.jugem.jp/trackback/1093
トラックバック